真風さんの大劇場お披露目公演を観劇してまいりました!

少女漫画の舞台化ってどうなの?!と思ってしまうことも多いですが、今回の公演は普通に楽しめました。笑

 

見所と感想をざっとまとめてみます!

スポンサーリンク

天は赤い河のほとり

参照元:宙組新トップコンビ、真風涼帆&星風まどか『天(そら)は赤い河のほとり』『シトラスの風-Sunrise-』ゲネプロレポート | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス

オススメ度★★★★☆

オススメ度は星4つ。

 

なんてったって、人の名前とか国の名前とか役職の名前とか多すぎて話が分かりにくいのです!!!

 

そりゃあ長編の歴史漫画を舞台化するとこうなるのは致し方ありませんよね…

 

星4つと言っても、私は見所はたくさん!

 

覚えている限りで書いてみます!

プロローグが神すぎてやばい!!!!!!!

プロローグの曲がめっっちゃくちゃかっこよいのです!!!!

 

この曲聴くためにもう一回観劇したいと思えるぐらいドストライクでした!

 

ファイナルファンタジーの作曲を担当された方が作曲された今回の曲。

 

もうね、鳥肌立つわ心踊るわ、これぞ宝塚!!!!というプロローグでした。

 

 

最高。

 

 

こんなワクワクする瞬間がこの世に存在するんだなってぐらいテンションあがりました。笑

 

プロローグのオススメ度は間違いなく星5つです!!!

とにかく登場人物が多すぎる問題

みなさんかっこいいんですよ

 

すんごい迫力あるんですよ

 

少女漫画ということもあり、いつにも増して甘いセリフが飛びまくってるわけですよ

 

それなのになぜこんなにストレスが溜まるのか…

 

登場人物多すぎだろおおおおおお

参照元:公演解説 | 宙組公演 『天(そら)は赤い河のほとり』『シトラスの風-Sunrise-』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

 

ファッ?!?!

 

ワタシ、ヒトノナマエ、オボエルノ、ニガテ…

 

ていうか人物の名前を覚えるだけじゃなくて、その人の役職名とかもカタカナで言われるからどの人物のことを指してるのかを覚えきれない問題

 

つら…

真風涼帆さんの声がとても素敵

真風さんトップお披露目おめでとうございます!

 

ビジュアルは言わずもがなですが、私は真風さんの少し特徴的な声がとても好きなのです。

 

カイル様は彼女にぴったりの役だと感じましたし、星風さん演じるユーリとの相性も抜群!!

 

命をかけて敵国と戦う姿を見て、古代の人々の強さを思い知らされました(真面目?

 

全編通してベタベタな甘いセリフを言わされたり、壁ドンでキスシーンさせられたり…ある意味大変な役どころかもしれません…w

 

私がものすごく気になったのは、カイル様とユーリのキスシーン…

 

リアルすぎる…

 

あれは本当にやっていると言われてもおかしくないレベルの近さwww

 

そこもまたある意味今回の公演の見どころの一つかも。笑

芹香斗亜さんの声もとても素敵!!

花組から組替えして来られた芹香さん

 

芹香さん演じるラムセス将軍はマジでイケメンです。

 

彼はこれまで何人の女を抱いてきたのだろうか…

 

モテそうなのにそんなにチャらくなさそうだし、ユーリに対してめっちゃ積極的で男らしいし…まあ好きですわ…。

 

ていうか芹香さんのオーラが凄まじかった。

 

あの恵まれた声、ビジュアル、演技力、全てにおいて素敵…

 

宙組20周年を迎えたそうですが、これからの宙組もさらに注目せざるを得ませんね!!!!!

そして私の大好きな愛月ひかるさんも相変わらず素敵!!

数多くいるジェンヌさんの中でもドストライクな愛月ひかるさん

 

今回は黒く、闇を抱えた孤独な役どころを演じられています。

 

そんな悪役を演じる愛月さんもまた素敵…

 

ビジュアルはもちろんそうですが、

 

愛月さんの歌声には真風さんや芹香さんとは違った魅力があるとは思いませんか??

(誰に問いかけているのだろう

 

出番がめちゃくちゃ多いというわけではありませんが、彼女抜きには決して成立しないお芝居です。

 

独特の存在感を放っている愛月さんを目に焼きつけるため、私はもう一度劇場に行きたい…(行けないけど

 

余談ですが、今回の作品をずっと宝塚でやったらいいと思ってた!!と嬉しそうに語っていた彼女が可愛すぎました

 

ありがとうございます

どんどん勢いを増す20周年の宙組!!

お芝居に関しては、星条さんや桜木さん、澄輝さん、純矢さんをはじめ、とにかく存在感のある方がものすごくたくさんいらっしゃり、驚きました。

 

驚くっていう表現が正しいのかどうかはわかりませんが。

 

だって普通、初見で印象に残る役って多くても3~4人ぐらいじゃないですか?

(え?そんなことないって?w)

 

だから今回のお芝居を見たときに、魅力的なジェンヌさんがこんなにも多くいるなんて…これがこの宙組の強さなのだと感じました

 

これはこの作品の力もあるとは思いますが、どちらにせよ、間違いなく今の宙組にしか出せない魅力が詰まった公演です。

 

でもやっぱり一度では話が理解できなかったので、オススメ度は星4つで勘弁してください。笑

シトラスの風

参照元:宙組新トップコンビ、真風涼帆&星風まどか『天(そら)は赤い河のほとり』『シトラスの風-Sunrise-』ゲネプロレポート (5) - music.jpニュース

再演きたああああああ

といっても、私は初演を映像でしか見たことがありません。笑

 

宙組誕生20周年ということもあり、お芝居と同様ショーにもかなり力が入っているのではないでしょうか?

 

宙組を代表する作品である「シトラスの風」

 

とにかく綺麗で、華やかで、きらめく舞台です。

 

宝塚を初めて観劇する友達を連れていくなら、今回でしょ!!!

 

若さとパワーがみなぎる熱いシトラスで友達を沼にひきずりこみましょう!!(え

シトラ〜ス♪シトラ〜ス♪シトラ〜スのか〜ぜ〜よ〜〜♪

や、やめろおおおおおおおお

 

やめてくれええええええ

 

このメロディーが脳内にこびりついて剥がれません

 

仕事に集中できません

 

許してください。

明日へのエナジーで涙チョチョギレマン

参照元:魅・宝塚、たゆまぬ挑戦:「天は赤い河のほとり」「シトラスの風~Sunrise~」 宙組トップお披露目 真風涼帆 - 毎日新聞

MR.Bojangles、アマポーラの場面、シチリア、Sunrise、、

 

「うおー!この場面好きかも!!!」

 

と思う場面は他にもたくさんあったのですが…

 

私の一番の楽しみはなんといっても「明日へのエナジー」

 

もうこれに尽きる!!!!

 

これが見たいがために今回観劇したといっても過言ではありません

 

で、感想なのですが

 

控えめにいって、私の心は天に召されました(訳:最高でした)

 

ていうか、泣きましたwww(すぐ泣く

 

生きててよかった!

 

生きてこの舞台を生でみられてよかった!

 

生まれてきてよかったー!!!!!ってなりました(単純)

 

シトラスの風…最高やな…

 

これからしばらくこの日もらったエネルギーで生きていける

 

幸せ。

 

宙組のみなさん、素敵な時間をありがとうございました!

スポンサーリンク

まとめ!

あ〜1回じゃ足りないな〜〜

 

何回でも足を運びたくなる公演でした!

 

これから観劇される方、楽しんでくださいー!!

 

以上!

スポンサーリンク
おすすめの記事