先日のFNS歌謡祭で、宝塚歌劇団の雪組がDA PUMPの「U.S.A」を踊り、大変話題になりました!(よね?笑)

 

地上波で話題性のあるアーティストとコラボするジェンヌさんたちを見ると、なんというか....嬉しいようなさみしいような気持ちになりますね。笑

 

というわけで「黒髪の人」朝美絢さんが、まさかの「同担拒否」という言葉と共に話題になったことに対して感じたことを書いてみたいとおもいます!

スポンサーリンク

2019年は「黒髪の人」として認識された朝美絢

2017年は組み替えする前だったということで、月組生としてFNS歌謡祭に出演されていた朝美さん。

 

実はそのときもSNSでめちゃくちゃ話題になってたんですよね!

 

めっちゃかっこいい...好き。

 

というのはさておき。

 

雪組生として出演された今回は「黒髪の人」として非常に話題となりました。

 


もうこの方のツイート現時点で25万以上いいね獲得してますね、、、ちょっと怖いレベル。笑

 

そんな朝美絢さんですが、最近Twitterで「朝美絢 同担拒否」というワードとともに検索結果が表示され、物議を醸しているようです。

 

 

 

宝塚ファンからすると「同担拒否ってそもそもなに?」って感じですが、その言葉についても少し触れてみたいとおもいます。

ジャニーズファンの中で浸透する「同担拒否」という言葉

「同担拒否」という言葉の意味がこちら。

アイドルグループ等で「同担」を、すなわち、担当(特に応援)しているメンバーが自分と同じ他のファンを、あまり絡みたくない対象として遠ざけると宣言する言い回し。
当該メンバーを応援する「担当」は自分だけでよいという感情に根差した考え方といえる。
weblio辞書より引用

 

おおう、、

 

つまりわかりやすく言いかえれば

 

あの人を一番応援しているのは自分だから、他のファンはどっかいけ!

 

って感じのニュアンスの言葉ってことで合ってますか?

 

これはすごい。

 

わたしはそんなこと絶対言えないですよ。笑

 

ジャニーズファンの方の中ではこの言葉が浸透しているのかもしれませんが、宝塚ファンの方には馴染みのない言葉ですよね。(私も今回初めて知りました)

 

あまりにもそのアイドル(ジェンヌ)を好きになりすぎると、愛が過激になってその人への独占欲が抑えられなくなってしまうんでしょうか。

 

ジャニーズにしろ、タカラジェンヌにしろ、人を虜にしてしまう人が罪深いとはこういうことをいうんですね。

 

いやまあ、絶対ちがうけど。笑

スポンサーリンク

宝塚ファンの間で同担拒否が浸透したらどうなる?

もうすでになんだかなあとおもいながら書きすすめておりますが。

 

たとえばもし朝美さんを独占したいというファンの人がファンクラブに入ったとして、そこで激しい朝美絢の奪い合い(本人からするとただただ迷惑)が繰り広げられたりなんかしてしまったら?

 

さすがに見てられない!!笑

 

ていうか、その人たちは何を望んでいるんでしょう?

 

朝美さんに認知してもらいたいとか、入り待ち出待ちのときに笑顔を向けてほしいとか、そういうこと?

 

それなら、全然同担拒否なんて思わなくても実現は可能だと思いますけどね!

 

できるだけ入り待ち・出待ちに参加して、手紙にインパクトのあることを書きまくったら認知はしてもらえるはずです。

 

だからみんなで仲良く朝美さんを応援しましょう!

 

私はファンクラブとか入ってないですし、最近は年に数回しか宝塚みにいってないですけど、自分も朝美殉のファンの1人ですし、どうかお許しください!!!

それでも同担拒否を主張し続ける人へ一言

朝美さんの名言をお借りして最後に一言。

 

 

 

「現実を見て  by朝美絢」

 

ドSな朝美さん、最高です。好き。笑

 

あー、来月の雪組観劇めっちゃ楽しみになってきた!!

 

というわけで、みなさん同担拒否なんて言葉は使わずに、一緒に現実をみて朝美殉さんを応援しましょうねってことでした!

 

以上!

スポンサーリンク